弓道迷言集

左右対称がいい【弓道迷言集】

更新日:

これはいったいどこから出てきたのか、まったくわからない。

左右に持っている道具も違えば、肘の屈曲も回旋もまったく違う。体のすべての部分の筋肉の働きから骨の座標まですべてが違っているのになんとなくで左右対称などという言葉を使ってはいけない。

左右対称射形が良いとか、美しいとか、すべて幻想である。

左右に引っ張るなら「矢を引っ張れ」でいいし、上腕骨頭を揃えるなら骨頭を揃えるでいい。対称という言葉を耳触りがいいために使っては誤解を生じてしまう。

左右対称が美しいということは無い。絵画を全て左右対象にしてみよ。あらゆる写真を左右対称にしてもつまらない。

人間のことを幾何学模様かなにかと思っているのか?

さらに黄金比が美しいという説もでたらめである可能性は高いと思われている。

美は非常に主観的であり、それを他者に求める姿勢に誠実性は無い。

参考記事「上達する上で必要な教養と常識」

-弓道迷言集

Copyright© 弓道大学 KYUDO UNIVERSITY , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.