初心者向け記事 弓具について

【弓道】値段と特徴で見る「かけ」-おすすめの種類と選び方ー

更新日:

ゆがけの値段と特徴

以前弓道の弽の選び方について書きましたが、実際にかけを選ぶには値段のことも考えなければならないでしょうし、詳しい仕様も知りたいと思いますので本記事で書いていこうと思います。
どうも編集長のKouと申します。
最近は革が高騰していてどれも値段が上がってしまいましたね。初心者には結構な出費をお願いして心苦しく思うこともありますが。
とりあえず今回は比較的手に入りやすい弽を紹介します。

早速だいたいの価格帯別に分けて書いていきます。

和帽子

和帽子は自分で弦道のあたりを付けることができますし、控えも無いあるいは柔らかいので手首も自由に扱うことができます。自分のやりたい離れ、残身に向かって操作することができます。また、習熟すれば弱い弓でも矢の射出を邪魔をしない点も良いです。
デメリットとしては指に力が入りやすいため注意して使わなければならないことです。どの弽にも言えることですが、自由であればあるほど習熟しなければ安定した射術を実現することは難しくなってきます。
※ですが残念ながら現在和帽子は全弓連公式試合では使いづらい規定になっています。

控え無し三ツがけ

控えのない弽も自由が利く弽になります。ですが帽子は角(木製の帽子)が入っており、弦道はだいたい決まっています。

手首を半自由に動かすことができます。

三ツがけ

いずれも控えに牛革を使っており馴染むまではやや硬い感覚の本弽(ほんがけ)です。値段は革のグレードで決まってきます。革質が良いほうが手に馴染みやすく使いやすいですしギリ粉の止まりも多少良くなります。

他の特殊かけ

三原カケ

立命館で監督をしていた範士考案の弽が元になっています。
二の腰が控え部分まで延長してあり、離れの際の帽子の跳ね起こしが紐を締めることによって補助される作りになっています。

竹林弽
尾州竹林派が使用していた弽を改良したものです。
かける指のあて革が伝統的です。捻り革はありません。節抜き・半控えで回し紐を使います。

 

製作所による違い

初心のうちに手にする弽は「ほとんどの弓具店で扱っている弽」あるいは「インターネットで手に入れられる弽」となることが多いです。征矢弓具の製品か加藤弓具の製品が多いですのでざっとその違いを説明します。

征矢弓具製作所

帽子が円錐型ではなく平らな面を持つ楕円になっています。
帽子の向きがやや下を向いています。
取りかけをしやすいカケをイメージしています
控えの牛革の弾力は強め。
メンテナンスが非常に気軽で早くやっていただけます。

加藤弓具店

帽子はやや円筒寄りで丸い形をしています。
帽子の向きはややまっすぐめです。
控えの牛革の弾力は弱め。

上記のような違いがありますので弽選びの参考になればと思います。

というわけで今回はこれまで。

記事中に誤りがございましたらお問い合わせ等からご指摘ください。

Kou

アフィリエイト等広告無し無料サイト「弓道大学」編集長 日置流竹林派
弓道の理解し辛い部分を原理原則から演繹し考察する。
全国規模大会で的中9割、団体優勝の経験させてもらいました。
Twitter↓是非フォローお願いします。

下にSNSボタンがあるので気に入ったら感想をシェアしてみて下さい。とても励みになります。

↓他記事もどうぞ

最初に読むべき上達戦略

一章 上達の条件と誤解

三章構成で上手い人はどう考えて練習しているかを提示します。

-初心者向け記事, 弓具について
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 弓道大学 KYUDO UNIVERSITY , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.