弓道迷言集

中てるのが好きならアーチェリーをやったら?【弓道迷言集】

更新日:

「中て射」と同じく的中に嫉妬するあまりしてしまう発言

アーチェリーは技術や道具に傾倒していて、弓道が精神的に優位に位置しているという妄想から生まれる。

弓である以上、アーチェリーも心を練ることが重要であり競技人口と舞台の大きさ故に弓道以上に苦心していることである。

アーチェリーは的中精度に対して真摯であり、道具の進歩により技術も進歩している。

その分、距離は長くなり、的は小さくなっているというだけのことである。

比べること自体が幼稚であり、弓道がアーチェリーに比して勝っているのはせいぜい時代遅れの封建制くらいである。

全く別の競技であるのに一方的に比べて他競技を蔑み、それを他人を貶めるために使うなどあまりに浅ましくて見るに堪えない。

こんな発言があるだけでアーチェリーの競技者の方々に対して本当に申し訳なく情けないと思う。

今後はこのような発言が無くなるように、知識を共有して参ります。

-弓道迷言集

Copyright© 弓道大学 KYUDO UNIVERSITY , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.